編訳:甲斐義明 『写真の論理』 (月曜社、2017)

¥ 2,750

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

写真を撮ると、意図していない物やひとの表情が写り込んできます。絵を描くときは、描こうとしている対象だけを描くことができますが、写真にはカメラの枠の中におさまっているものの一切が定着されます。もちろん、写すものを自分で並べて、写真を作ることもできるでしょう。いずれにせよ、写真は必ず何かを写しているのだから、一枚の写真を見たひとは、写っている対象を見つけてしまうのです。誰もがカメラを携えて、生産、複製されていく写真たち。写真を見る、とはどのような経験なのでしょうか。そこで立ち止まって考えてしまいます。

通報する

ショップの評価