• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

アントニオ・タブッキ 訳:須賀敦子 『島とクジラと女をめぐる断片』 (河出書房新社、2018)

アントニオ・タブッキ 訳:須賀敦子 『島とクジラと女をめぐる断片』 (河出書房新社、2018)
アントニオ・タブッキ 訳:須賀敦子 『島とクジラと女をめぐる断片』 (河出書房新社、2018)

だれのものでもない、自分の人生をひとは歩んでいます。他のひとの人生に触れて、互いに影響を与えながら。ひと以外の生きものとだって、そうでしょう。しかも、記憶はずっと曖昧です。いったいどこまでが、自分の人生と言えるのでしょうか。 ─どれが真実の単なる写しであり、どれが人の書いたものの写しであるか─ どこまでも広がるように見える海に、ひとつの島を起点として飛び出していき、別の島への途上、難破する。そして、ただ、海に漂う眼として、諸島を眺める、その光景はきっと、空想ではありません。

¥ 814 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

通報する

ショップの評価

  • ブレイディみかこ 『子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から』 (みすず書房、2017)

    ブレイディみかこ 『子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から』 (みすず書房、2017)

    丁寧に梱包していただき、ありがとうございます。

  • 保坂和志 『考える練習』 (大和書房、2013)

    保坂和志 『考える練習』 (大和書房、2013)

  • 土井善晴 『一汁一菜でよいという提案』 (グラフィック社、2016)

    土井善晴 『一汁一菜でよいという提案』 (グラフィック社、2016)

  • ル・コルビュジエ 訳:森田一敏 『小さな家』 (集文社、1980)

    ル・コルビュジエ 訳:森田一敏 『小さな家』 (集文社、1980)

  • 阿部海太 『みち』 (リトルモア、2016)

    阿部海太 『みち』 (リトルモア、2016)