• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

荒川洋治 『日記をつける』 (岩波書店、2010)

荒川洋治 『日記をつける』 (岩波書店、2010)
荒川洋治 『日記をつける』 (岩波書店、2010)

毎日を、わざわざ、言葉で記録する。何度かやってみようと思ったり、やっても続かなかったりすることのひとつが、日記ではないでしょうか。身の回りで起きたことも、自分自身の感情も、言葉で完璧になぞることは難しいと思います。言葉は、自分そのものではないでしょう。「日記をつけることは、自分のそばに、自分とは少しちがう自分がいることを感じること」だと、荒川洋治さんは言います。誰かの日記の真似事からはじまることもあります。自らの書き方が馴染んだころに、複数の自分を見つけるのかもしれません。

¥ 946 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

通報する

ショップの評価

  • ブレイディみかこ 『子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から』 (みすず書房、2017)

    ブレイディみかこ 『子どもたちの階級闘争 ブロークン・ブリテンの無料託児所から』 (みすず書房、2017)

    丁寧に梱包していただき、ありがとうございます。

  • 保坂和志 『考える練習』 (大和書房、2013)

    保坂和志 『考える練習』 (大和書房、2013)

  • 土井善晴 『一汁一菜でよいという提案』 (グラフィック社、2016)

    土井善晴 『一汁一菜でよいという提案』 (グラフィック社、2016)

  • ル・コルビュジエ 訳:森田一敏 『小さな家』 (集文社、1980)

    ル・コルビュジエ 訳:森田一敏 『小さな家』 (集文社、1980)

  • 阿部海太 『みち』 (リトルモア、2016)

    阿部海太 『みち』 (リトルモア、2016)