荒木優太 『無責任の新体系 きみはウーティスと言わねばならない』 (晶文社、2019)

¥ 1,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

責任の所在を考えなければならなくなることが、暮らしの中に間々あるように思います。ある出来事を追求していくと、特定の個人に行き着いて、そのひとが責任を取ることになるかもしれません。そんな背後には、そのひとを見捨てたたくさんの他人が見え隠れします。とはいえ、直接的に関わりがないのに、どこまでも責任を拡げてしまい、自責を感じてその身を滅ぼしてしまうのも、どこか無責任にも感じられるでしょう。誰でも名前も顔も持った個人であることが当たり前に考えられていながら、匿名で居られることに心地良さを感じてはいませんか。誰でもないことは、ただの無責任なのでしょうか。

通報する

ショップの評価