• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

江口宏志 『ぼくは蒸留家になることにした』 (世界文化社、2019)

江口宏志 『ぼくは蒸留家になることにした』 (世界文化社、2019)
江口宏志 『ぼくは蒸留家になることにした』 (世界文化社、2019)

自分は何がしたいのかと深く考えるのは、つい後回しにしてしまう。考えはじめると、今との差に嫌気がさすだろうし、変に考え込んで行き詰まってしまうこともある。これからを想うのは、どれだけ今とかけ離れていても、これまでのことを切り捨てるわけにはいかないだろう。自らに情を注ぎすぎず、なりたいのではなく、なることに決めてしまう。気付けば縛られていた自分から離れていける。それだけで道は定まるのかもしれない。いくつかの選択肢も、そのなかでの迷いも、定まったことからの派生にすぎない。

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 350が掛かります。

通報する

ショップの評価