• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

國分功一郎、互盛央 『いつもそばには本があった。』 (講談社、2019)

國分功一郎、互盛央 『いつもそばには本があった。』 (講談社、2019)
國分功一郎、互盛央 『いつもそばには本があった。』 (講談社、2019)

二人はともに、学生のころから本に触れ、研究をし、論文を書き、本をつくってきた。そうでないひとにとって、本はそばにあったのだろうか。なにより本は、頁をめくり、書かれていることを味わうことによってその効用のようなものを得ることができる。しかし、たくさんの本を読むひとでも、長いあいだ読まずに置かれてある本だって少なくはないだろう。そうして積まれた本にもまた、効用があるとさえ語られることだってあるのだ。そもそも本が無ければ、いずれの可能性も失われている。たしかに生存には必要ないのかもしれない。それでも、本がそばにあってほしいと、そう願う。

¥ 990

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 350が掛かります。

通報する

ショップの評価