• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

信田さよ子 『依存症臨床論 援助の現場から』 (青土社、2014)

信田さよ子 『依存症臨床論 援助の現場から』 (青土社、2014)
信田さよ子 『依存症臨床論 援助の現場から』 (青土社、2014)

アルコールや薬、一度手を出し、それなしではいられなくなってしまう。中毒というと、いつでもやめられたはずなのに、そうはできなかったという、当人の意思の弱さに帰結するようにきこえる。しかし、だれもが、習慣のような、いつもそうしてしまう癖を持っているのではないか。法的には、日常には、特に問題がないから、その癖を気にかけていないだけかもしれない。裏返せば、問題がないということにしようと、力づくで隠蔽されていた関係性も見えてくる。ひとつの依存の、別の、複数の依存との、個人を超えた制度や支配とのつながり。そのなかで何に寄りかかるだろうか。

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 350が掛かります。

通報する

ショップの評価