• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

メアリー・ビアード 訳:宮﨑真紀 『舌を抜かれる女たち』 (晶文社、2020)

メアリー・ビアード 訳:宮﨑真紀 『舌を抜かれる女たち』 (晶文社、2020)
メアリー・ビアード 訳:宮﨑真紀 『舌を抜かれる女たち』 (晶文社、2020)

言葉を発し、その声が届く。そんな当たり前に感じられることでさえ、かなわないことがあり得る。いや、むしろかなわないことが通例化して、もはや感覚が麻痺しているかもしれない。大きな声、強い力、他人を押し込めるために必要な性能と、それによって獲得される地位、金銭、そしてさらに一層、大きな力になる。その地点への憧れの眼差しがあり、そこに至らんとする道筋が個人の最も目指すべき方角となる。この構造こそが問われるべきなのだ。いまのまま、性のみが入れ替わることだけでなく、構造ごと変化する想像をしてみる。新しい声が手に入る未来を。

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料350円が掛かります。

通報する

ショップの評価

  • 保坂和志 『考える練習』 (大和書房、2013)

    保坂和志 『考える練習』 (大和書房、2013)

  • 土井善晴 『一汁一菜でよいという提案』 (グラフィック社、2016)

    土井善晴 『一汁一菜でよいという提案』 (グラフィック社、2016)

  • ル・コルビュジエ 訳:森田一敏 『小さな家』 (集文社、1980)

    ル・コルビュジエ 訳:森田一敏 『小さな家』 (集文社、1980)

  • 阿部海太 『みち』 (リトルモア、2016)

    阿部海太 『みち』 (リトルモア、2016)